2008年11月09日

RIP SLYME Dance Floor MassiveV

11月7日、行ってきました。
DFMV@Zepp Osaka

熱かった〜。
楽しかった〜。


注)以下ネタバレありますので見たくない方はご注意を!!


続きを読む
posted by きゅう at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

Voicequake meets WEST

昨日、行ってきましたよ。
渋谷O-WESTへ。

このライブが発表された時、いいな〜行きたいな〜
って思いながらも
まさか東京までなんてムリやしほとんど諦めてたけど
いろんなことが回りまわってグッドタイミングに
東京へ行くことになったので、
ここぞ!とばかりに便乗(?)させました。
予定を24日に無理矢理合わせたっていう噂もチラホラ(笑)
ま〜、そんなことはいいじゃないですか?

肝心のライブですよ♪ラ・イ・ブ♪

もちろん、渋谷O-WESTは初めて!
もしかしたら・・・渋谷もかな?
渋谷の駅に着いたらすんごい人で田舎モンの私はちょっぴりビビリました。

♪渋谷は人が多すぎる〜♪ by シブヤ(チン☆パラ)

まさにその通り!!
ずっとこの歌が頭の中をリフレイン(笑)

で、駅から道玄坂を登って細い怪しげな道を歩いてO-WESTへ。

続きを読む
posted by きゅう at 15:27| Comment(4) | TrackBack(1) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

SETSTOCK'08〜番外編〜

番外編というか少し思ったことを・・・。


きっと意図したわけじゃないと思うんですけど

RIP SLYMEが【ONE】で
 それぞれひとつのlife それぞれが選んだstyle

と歌い

槇原敬之が【世界で一つだけの花】で
 NO.1にならなくてもいい もともと特別なonly one

と歌い

Mr.childrenが【掌】で
 
 ALL FOR ONE FOR ALL BUT I AM ONE

  ひとつにならなくていいよ 認め合うことができるから

と歌い・・・。



みんな、言葉は違うけど
自分は自分でいいんだよ。
たった一人の自分なんだから・・・。
それはかけがえのないものなんだよ。
と言ってる。

偶然にも同じ日に、同じ場所で、同じメッセージを
それぞれのカタチで聞くことができて
なんか、胸にグっとくるものがありました。


もっともっと自分の事を大事に思えたら
もっともっともっと他人のことも大事に思えるんじゃないか
という気さえしてきました。

posted by きゅう at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SETSTOCK'08〜後編〜

大トリはもちろんこの方々。
みんな、彼らを待ってたようでライブエリアの中はぎゅうぎゅう。
私たちも少しずつ前へ前へ・・・。

■Mr.chilren

 セットリスト
 01.Worlds End
 02.HANABI
 03.少年
 04.雨のち晴れ
 05.くるみ
 06.フェイク
 07.掌
 08.HERO
 09.GIFT

 apと似たセットリスト。
 たとえ、全く同じだったとしてもやっぱりライブでは違うもの。
 この日も“聴いてほしい曲がたくさんあるっ”と桜井さん。
 
 【くるみ】で涙し、【フェイク】ではセクシーな桜井さんを拝見!
 【掌】では空に掌をかかげ、体を揺らし
 【HERO】ではまた涙。
 大変だっ!!
 【GIFT】の前に桜井さんが言ってたこと、とてもステキでしたぴかぴか(新しい)
 これからも、ミスチルと私たちのプレゼント交換していきたいな。
 そして、自分の周りにいてくれる人達ともちゃんと向き合って
 プレゼント交換しながら生きていきたいって思った。
 (プレゼント交換ってプレゼント交換じゃないよ。わかる?)

 それにしても、【GIFT】いい曲です。
 『僕の方こそありがとう』
 なんてことないけどいい言葉だなぁ。

 この日もステージの端から端まで走り回る桜井さん。
 その歌と笑顔と言葉にノックアウトされましたパンチ


■アンコール
 まずは、ミスチル登場
 で、ジュンスカの宮田さん、RIPSLYME、マキシマム ザ ホルモン
 ヨースケ@HOMEもつづいて登場!

 みんなで【名もなき詩】の大合唱!
 この曲が聴けるだけでも幸せなのに、こんなに豪華なメンバーで!!
 楽しかったな〜。
 ステージにいるアーティストもみんな楽しそうで♪
 SUさんはコバタケさんとこで踊ってるし
 イルもPESも宮田さんと楽しそうに歌ってるし。
 もう、最高!!

 去年はこういうセッション的なものはなかったと思うので
 今回は得した気分♪
  
 ありがとねぇ。

 そして、ライブ終了を告げる花火。 
 キレイだったな〜!!
 

 一応、これにて一通りのレポ終了!です。
 ちょっと番外編書こうかな。
 
posted by きゅう at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SETSTOCK'08〜中編〜

引きつづき・・・

■RIP SLYME
 今まで私が参戦したSETSTOCKにすべて出てるのがこのお兄ちゃんたち。
 愛すべきオトコたちなのですよ。
 
 今年ももちろん大盛り上がりでございま〜すグッド(上向き矢印)
 1曲目の【熱帯夜】
 途中、なんだかトラブル発生!でがんばってカバーしたものの断念。
 そしてRYOーZが“もう1回やっちゃってもいいっすか〜” 
 そりゃもう、どうぞ!どうぞ!ってことでやり直しぃ〜。
 余計に盛り上がっちゃうよね〜。 
 で、途中にはマキシマム ザ ホルモンの女性ドラマーも
 出てきて、いっしょに踊ってた〜。
 
 で、数曲やった頃から雨雲が・・・。
 遠くで雷雷も・・・。
 
 すかさず“雨と雷を呼ぶオトコ、RIPSLYMEです!!”とRYOーZ。
 そんなの呼ばなくていいよぉ!
 けど、カンカン照りだったらきつかったかもな。
 だって・・・雨降ってる中、タオルをブンブン回してましたから(笑)
 雨なんだか、汗なんだかわかんない・・・みたいな。
 
 やっぱ、RIP兄ちゃんたちは楽しいぜっ!!

 セットリスト
  01.熱帯夜 
  02.UNDER THE SUN
  03.太陽とビキニ
  04.ONE
  05.FUNKASTIC
  06.楽園ベイベー
  07.JOINT


■槇原敬之
 初マッキー揺れるハート
 中学の時から聞いてたけど10年以上経った今、やっと会えたっ!
 夏フェスに出るのは14年ぶり(!)だそうで
 終始、楽しいね!楽しいね!!って言ってたよ。
 
 【GREEN DAYS】を2曲目にやってくれたんだけど
 この前奏がたまらなく好きでね、私。
 すごくキラキラしてると思いませんか?前奏だけで・・・。
 聴けてよかったな〜。
 
 で、この日最初の泣きポイント【遠く遠く】ですよ。
 隠れた名曲ですよ。
 【三人】とか【ANSWER】とかやってくれへんかな〜?
 って思ってたときに、ちょうどこの曲のイントロが流れて
 もう〜、涙ダァ〜!!ですよ。
 超超超イイ曲なんで、マジで聴いてください。
 まさか、ココで聴けるとは思いもしなかったので嬉しかった。
 会場からも お〜っ!って声が上がってましたね♪
 
 そして名曲【どんなときも】
 アメリカ人の何とかさんがアレンジしたバージョンで
 歌ってたんですけど、コレがかっこいいの!
 要所要所で、ドンドンと入るドラムがイイ感じでした♪
 
 さらに名曲【世界で1つだけの花】
 これはもう言うことナシでしょう。
 ほんとにみぃ〜んな知ってるよね。
 み〜んなで手を振りながら大合唱でしたよ。

 セットリスト
  01.hungry spider
  02.GREEN DAYS
  03.LOVE LETTER
  04.We Love You
  05.遠く遠く
  06.どんなときも
  07.世界で1つだけの花


ダメだ!つづく・・・。
posted by きゅう at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SETSTOCK'08〜前編〜

7月28日(日曜日)
SETSTOCK'08@国営備北丘陵公園(広島県)へ行ってきました〜。

SETSTOCKは'05と'07に続き3回目。

いつも通り、地元からのオフィシャルツアーで参戦バス
ライブエリアに着いたのは開演15分くらい前。
なぜかギリギリ。
そのため、毎年買っているグッズ売り場には目もくれず・・・。
まぁ今年はあんまり私好みのがなかったからいいんやけど。

それにしても・・・今年は人が多い!!
半端ナイ数です。
確かに超豪華なメンツだしなぁ。
ミスチルファンがすっごい多かった気がする。
・・・後から知ったんですけど、チケットSOLDOUTだったんですね。
去年とかは当日券もでてたのに。


さてさて、肝心のライブレポへ。

基本的にはずっとEASTSTAGEにいました。
お目当ての人ばっかりだったんでね。

■くるり 
 まだ、チェックの段階で出てきてかる〜く1曲をやってくれました。ラッキ〜!
 で、時間になると再び登場!
 笛とカープのメガホンを持って、まずは3・3・7拍子から。
 そういや岸田くん、カープのファンだったんや。
 京都人なのに・・・。
 “自分でもなんでかわからへん!”って言ってたけど。
 まぁ〜、そういうもんですね。
 前日、カープの試合を見に行ったみたいで
 人生初のサヨナラ勝ちを経験!すごく嬉しそうにしゃべってた。
 
 【ばらの花】【ワンダーフォーゲル】の2曲が大好きで
 それを続けてやってくれて、もう言うことなしっ!
 ほんまにいい曲やわ〜。

 それと岸田くんの“ありがとう”(京都弁)は癒されるね。


■マキシマム ザ ホルモン
 いや〜、私は映像とかすかに聴こえる音だけを聞いてたんやけど
 すごいっ!! 
 なんかわからんけど・・・すごい!!
 しかも、ドラムの方が女性なんですよっ!
 ビックリですね〜。
 しかもしかも、彼女がお客さんを煽ってるわけですよ。
 “かかってこいや〜!!”みたいな感じで・・・。
 それに反応して、お客さんがウォー!!ってなってるんですよ。
 いや〜。かっこよかったっす。
 見てて爽快な気分!


■レミオロメン
 去年はトリだったのに、こんなに早い時間(14時20分)に登場!
 基本的には、apとほぼ同じセットリスト。
 曲順は変わってたけど。
 でもね、【ドッグイヤー】やってくれたよ〜ん♪
 滑走路ライブ以来?そんな事ないか。どっちでもいいや。
 思わず、連れと顔を見合わせて・・・2人とも満面の笑み!
 地元じゃないトコ(旅先)で、しかも野外でこの曲はサイコーだな〜。

 最近の藤巻くんの髪型、めちゃイイ感じなんですよね。
 よくお似合いですわ〜揺れるハート

 【もっと遠くへ】いいですね〜。
 もうすぐあちこちから聞こえてきますね♪

 セットリスト
  01.南風
  02.明日に架かる橋
  03.3月9日
  04.ドッグイヤー
  05.1-2 Love Forever
  06.オーケストラ
  07.スタンドバイミー
  08.もっと遠くへ


■My Little Lover
 akko、年とったね〜。
 (まぁ。みんな平等に年とってるわけですが・・・)
 けど、なんかすんごい可愛くなってて、
 きっといい年の取りかたしてるんだろうな〜って思ったよ。
 しかも、あの歌声は変わらない。
 【Hello,again】の前奏が流れてきた途端、
 もう懐かしくって、懐かしくって。
 よく聴いたな〜、この歌。
 大好きだったな〜。と当時を思い出してました。
 もちろん、今聴いても大好き!
 体揺らして一緒に歌いました♪
 
 帰りがけに投げkissをしていったakkoは、やっぱりキュートだった。
 
 

 長くなってきたのでつづく・・・
 最近こんなんばっかりでスイマセン。
posted by きゅう at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

ap bank fes'08〜後編〜

30分程のブレイクタイムのあとはBand Act。

レミオロメン
 全部で7曲。
 ライブで盛り上がる曲を多くやってくれました♪
 南風
 スタンドバイミー
 3月9日
 1-2 Love Forever
 明日に架かる橋
 オーケストラ
 もっと遠くへ


 ね?すごいでしょう。
 1曲目から手(パー)振って、跳びまくって・・たのし〜るんるん
 藤巻くんも楽しそう♪
 途中にはオサのドラムソロもあってかっちょよかったよ揺れるハート

 新曲のもっと遠くへ
 藤巻くんはこの曲を作るのに、すごく苦労したみたいで・・・
 でも、
 自分の弱さを見つめるきっかけとなりました。
 って話してて、
 それってすごくしんどいことじゃない?
 けど、ちゃんと自分の弱さと向き合うことができるってことは
 すごく強いんじゃないかと。
 なんとなくそんなことを思いながら聴いてた。
 

 そして再びブレイクタイムのあとは・・・

Mr.children
 まずは・・・ラララ
 懐かしい〜♪
 みんなで、ラ〜ラ〜ラ〜って大合唱!
 このメロディ、好きだな〜。

 そして“聴いてほしい歌がい〜っぱいある!”と櫻井さん。
 もちろんお客さんは、なんぼでも聴くで〜!のスタンス。

 新曲とちょっと前の曲からのセットリスト。
 個人的には・・・
 くるみ・掌・GIFTがツボ!
 くるみは、もう前奏を聴いた瞬間に、泣きそうになった。あれはヤバイ!
 
 はライブ用のアレンジなんですね。あれは。コーラスもすごくよかったし・・・。

 『ひとつにならなくていいよ』
 この言葉に何度救われたか・・・。
 
 コーラスと言えば、ナオトさんという方が今回コーラスをされてたのですが
 イイ感じでした。情熱的で。

 
 櫻井さんは終始笑顔で・・・・彼の笑顔はイイねぇ。
 
 つくづくこんなスゴイ櫻井さんって一体ナニモノ??
 って思いました。 
 詩もメロディーも素晴らしい。
 なんでこんな言葉が書けるんだろう。
 
 
本編終了後はお約束の曲。
櫻井さんはJENにおんぶされて登場!
なんかカワイイ。
悠仁は麦わら帽子。これまたカワイイ。

最後はもちろんto U
ガクエムのリリックではじまる。
私はこのガクエムとKREVAのリリックが大好きで。
この日はKREVAがいないので、ガクエムだけだったけど
やっぱり好き。
ステージでは、みんなで肩組んで歌ってた。
なんかすごくピースフルな空気がステージにもブロックにも
なんならつま恋全体に溢れてて感動的だった。


お客さんの帰り時間を考慮してか、まだ明るい中の終演。
まだ明るいのに・・・・って少し寂しかったなぁ。
けど・・・
あの日あの場所にいれたことがすごくすごく幸せだった。
いま、思い出しても泣きそうになる。

また来年、あの場所で会えますように。

ありがとう。

ap'08-2.JPG 
 
posted by きゅう at 16:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ap bank fes'08〜中編〜

さて、14時過ぎに第2部がスタート。

まずは、BANK BANDで優しい歌
ほんっとに素晴らしい曲です。
随分この曲を聴いてなかったのですが、この日改めてそう思いました。

AI
 いつもとはちょっと違うドレッシー(?)なワンピースを着た大人っぽいAI。
 そのパフォーマンスがスゴイ!という話は聞いてたのですが・・・。
 うん!スゴイ!!
 まずはあのしゃべり。もうしゃべる。しゃべる(笑)
 “ほっといたらずっとしゃべるから止めてね”て本人が言うくらい。
 櫻井さんも、後ろで笑ってたし。
 で、もちろん歌声もスゴイ!
 初めて歌うと言うTouch the sky
 ホントに空に届いてしまうんじゃないかと思うような歌声。
 すっかり彼女の世界に引き込まれた。


ゆず
 お祭り女のあとはお祭り男(笑)
 2人が出てきたときの歓声がすごい!
 まぁ、私もそのうちの1人ですけど・・・。
 悠仁も厚ちゃんも嬉しそうな笑顔♪
 2人の笑顔はいいねぇ。
 私にとっては初ゆず。
 まずは、悠仁のレクチャーから。
 なんか学校の先生みたいだった〜。
 もちろん歌うのは夏色
 もうね〜、すんごい盛り上がりグッド(上向き矢印)
 みんな跳ぶわ、叫ぶわ・・・。超楽しかったよぉ!
 1番盛り上がったかも!!
 お決まりの“もう1回!”コールもあり!
 ずっとずっと“もう1回!”を繰り返してたい気分やったるんるん
 そして、最後に歌ったワンダフルワールド
 思わずスゴイとつぶやいたほど。
 いい言葉が見つからなくて申し訳ないんですけど、
 ホントに素晴らしかったです。
 彼らの違う一面を見た気がしました。


ASKA
 出てきたときのそのオーラのスゴイことぴかぴか(新しい)
 2曲目のPRIDEはチャゲアスの名曲。
 すごく感動した。
 櫻井さんとのハモリもよかったし。
 で、その次は名もなき詩
 ASKAが歌うとまた違うんですよね。
 完全に彼の歌になるって言うか・・・。さすがです。
 最後は、YAH YAH YAH
 こぶしを空高く突き上げて、大合唱。
 最高に気持ちよかった!


BANK BANDとして最後の歌は
小田和正の緑の街
ずっとココで何を歌うか探してたけど、
やっとコレってのが見つかったって言ってた。


やっぱりと言うか2回では終わりませんね。
スイマセンが、もう少しおつき合いを・・・。
posted by きゅう at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ap bank fes'08〜前編〜

さてさてやっと書けます。

2008年7月19日
つま恋へ行ってまいりました!
2007年のfesは、参戦予定だったにもかかわらず台風台風の為に中止。
あの日は、相当落ちたなぁ〜(笑)
今となってはこんな風に話せるけど・・・当時はねぇ?
また1年待たなきゃいけないのかと思うと悲しかった。
でも、1年経ちましたよっ。ちゃんと。


当日は、4時30分起床exclamation×2
今年も地元からバスツアーです。
今回は、少しの渋滞はあったものの順調にバスは進み
10時40分くらいにつま恋へ到着!!
駐車場からライブエリアまでが長いっ!
ただひたすら歩く。歩く。歩く。
ここでもう汗ダクでした。
この日は、1日中ずっと暑くてね・・・。

ライブエリアにつくとcaravanがライブ中。
1曲と半分くらいは聴けたかな?
結構、ギリギリだったんですよね。


で、いよいよBANK BANDの登場!!
私にとって2年越しのap bank fesのはじまりぃ〜手(パー)

1曲目は・・・よくきたね

 よくきたね いろいろあったんだろう?
 悲しいこと 嫌なこと つらいこと
 だけどこうしてまた会えたんだよ
 笑顔をいっぱいつくろう


去年、聴きたかった曲。でも聴けなかった曲。
櫻井さんが、1人1人に語りかけるように歌う姿を見てたら
去年のこととか、いろいろ思い出してたら
なんか泣けちゃったよ。

そして、トップバッターと言えばこの人!と紹介されたのは・・・

GAKU-MC
 やっぱり、盛り上げ上手で、ムードメーカー。
 彼のパフォーマンスから熱いものを感じます!
 昨日のNo,明日のYesでは
 いっしょになって歌って楽しかった〜。
 櫻井さんとガクエムが、競い合うように走り回り
 じゃれあうように声を響かせて歌う姿がすんごい楽しそうで
 見てるこっちも楽しい!
 最後は、もちろんあの決めポーズ!
 のあとの櫻井さんの笑顔が超かわいかったです揺れるハート


BONNIE PINK
 彼女の声は、あの会場に、空にスーッとなじんでいく感じ。
 “汗とか涙とかいろいろ流して、地球に恵みを流しましょう”
 って言葉が印象的でした。
 Water Meがこのフェスにぴったりですごくよかったです♪


一青窃
 今回のフェスで新たな彼女を発見!した感じです。
 まさか、彼女がブンブンとタオルを振り回すとはねぇ・・・。
 でも、なんか嬉しい。


大橋 卓弥(fromスキマスイッチ) 
 MCでは櫻井さんに“1人に慣れてないでしょ?”と
 突っ込まれ・・・“シンタ君って言えない寂しさが・・・”と
 ちょっと不安げだった大橋くん。
 そんな彼が歌ってくれた2曲目は、ナ・ナント・・・!!
 星になれたら 
 もう、会場中キャー!!って大声援。
 なんて贅沢!!もう幸せぇぇ〜♪
 そしてその後のMCで、櫻井さんに助けを求めるも
 “君のステージだから・・・”と一蹴され
 開き直って“僕のステージっ!!”って胸を張るもちょっと不安げ。
 そこで、“相棒が遊びにきてるって噂がありまして。皆で呼んだら
 出てこなきゃいけなくなるでしょう”
 ってことで、みんなでシンタくんを呼び込み、
 ふれて未来を 
 この曲をココで聴けるなんてもう最高!としか言いようがない。
 大好きなの。この歌。
 
 
 っとここで、私達は一足早くブレイクタイム。
 グッズ売り場でTシャツ買って(意外に空いてたのでラッキー)
 カレー食べて、飲み物調達して、ひと休みしながら
 流れてくる音楽を聴いてました!
 この時間も、すごくイイ時間なんですよ。
 確かに、全部全部見たい気持ちもあるけど
 途中で倒れちゃっては意味がないので
 休憩したり、まったりしたりしながら
 ゆっくりと音楽を聴くのも必要。
 

 さて、長くなってきたので一旦終了!!
 このあとも続きますっ!
posted by きゅう at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

馬場俊英LIVE TOUR 2008〜明日のワルツを踊りましょう〜

昨日、行ってきました!
フェスティバルホールへ馬場さんに会いに・・・。

とても素晴らしいライブでした。
新しくリリースがない中での夏のツアー。
たくさん古い曲もやってくれて嬉しかった♪


では、以下ネタバレあります!!








まず、1曲目。
大好きな『エンターテイナー』
なんかすごく久しぶりにライブで聴いた気がする。
前奏から大好きなんで、始まった瞬間来てよかった!って思った。
(実は開演ギリギリで滑り込んだので、本気で間に合ってよかったです。)



で、夏のツアーってことで『八月のレイン』と『花火』
『八月のレイン』すごくよかったです。
栄二くんのドラムと金森さんのベース、イイ感じに響いてましたよ〜。
馬場さんの雨の歌って結構すきなんですよね。


そして、久しぶりのアコースティックステージ。
『プリズナー』は馬場さん1人で弾き語り。
いや〜、弾き語りは最近全く見ていなかったので新鮮でした。
しかも、この選曲。
そりゃしびれるよねぇ。
『ミセスユー』は首藤さんと2人で。

また、アコースティックのツアーもやって欲しいな〜。




そして・・・ライブは後半戦へ。
『汗(ミチ改め)〜あの事件(ヤマ)を越えて』はかっこよかったですよ。
照明も、バンドももちろん馬場さんも・・・。
古〜い曲なんで、予想外の選曲なんですけど
スゴイ楽しかった!テンションあがりましたグッド(上向き矢印)




ラストは新曲『世界中のアンサー』
こないだ、モニジャムで歌ってたんだけど
その時は弾き語りやったから、バンドで聴くのとは全然違う。
とてもステキな曲だったな〜ぴかぴか(新しい)
早く、音源化してほしい。

歌う前に話をしてくれたことの中で
“自分が変われば、今見てる風景は違うものに見えることがある。
そう思えば、世界は正解で溢れてると思う。”
なんかこの“世界は正解で溢れてる”って言葉がとても印象的だった。



そして・・・アンコールでは!

昨日も書いたけど・・・
2008年冬のツアーファイナルは大阪!!
そして、会場は・・・・

大阪城ホール!!!

もう〜、すんごいビックリした!
何かお知らせがあるのは知ってたんですよ。
きっと冬のツアーのことだろうってのは分かってたんですけど
まさか・・・城ホールとは・・・。
聞いた瞬間、叫んで→固まって→大拍手!!

そう言えば、ライブが始まって少ししてから
フェスティバルホールでは最後のライブになりますって言ってた!
それ聴いて、冬はどこでやるんやろ〜?って思ってたけど
城ホールは全く頭をよぎらなかったんで
オドロキと嬉しさは倍増!!

ちょうど3年前のバナナホール2daysから3年半後の12月。
少しづつ歩いたきた道が大阪城ホールに繋がったね。
おめでとう〜!

馬場さんは、“僕って、ヒット曲がないでしょ?”っておっしゃてたけど。
たしかに、誰もが知るアーティストではないかもしれないけど
でも、そんなに簡単に城ホールでライブができるとも思えない。

やっぱり、馬場さんがずっとあきらめずにやってきたことが
たくさんの人のココロに届いてるんだと思う。
そして、彼を愛する人が彼のまわりにはたくさんたくさんいるんだと思う。

そんな全ての人にありがとうと言いたい夜でした。




バンドメンバー
■ギター:首藤高広,馬場一嘉
     BABIさんのコーラス。すごくよかったです。
     以前のツアーの時はきづかなかったけど、
     いい声してはります。
■ベース:金森佳朗
     今回はベースにも注目してみました!  
     最近、ベース音がスキなもので・・・いや〜渋いっす。
■ドラム:田中栄二
     昨日もかっこよかったですよ〜。     
     栄二くんのドラムはいつ見ても好きだな〜。
     『働楽』か『オセロゲーム』の時、すごく楽しそうに
     叩いてたんですよ!
     バンドメンバーや馬場さんとアイコンタクトしながら
     なんかいいバンドやな〜って改めて思いました。
■キーボード:渡辺剛
       彼は、あんなに情熱的に弾く人だったんですね 
       そして、あんな風に笑う人だったんですね。 
       なんか今まで、すごくクールなイメージだったので
       新たな一面を発見!です。
■サックス:山本公樹
      野音からサックスが入って、馬場さんの曲の世界が
      さらに広がったような気がします。
      サックスの音色って切なくて、大人っぽくて
      なんかいいですよね・・・。



posted by きゅう at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

525再び!

昨夜、やっと5日放送された野音でピ〜ス見ました。

やっぱり、あの日は最高の日だった。
あの日から少し時間が経って、
改めて見ると余計にその想いが強くなります。

あの日、私は1番後ろの席で見てました。
だからもちろん、彼の微妙な表情の変化はわかりませんでした。
大阪の野音の時と比べて、笑顔だった。
それぐらいしかわからなかった。
だけど、あんな表情もしてたんだ。
最後、うなずきながら会場を見渡すあの表情に泣けた。


NHKさん、とってもイイ番組をありがとう。
クレーンや空撮の映像は迫力満点だし。
ちゃんと大事な曲はカットせずに入れてくれたし。
彼の人となりのわかるようなほんわかMCも入ってるし。
きっと、彼は周りのスタッフさんにも愛されてるんだろうな
ってことがわかる番組でした。


ロードショーのあのメロディで、また泣きました・・・。
最高だ〜っ!!
もうすぐ夏ツアー!
楽しみ♪
posted by きゅう at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

中之島音楽特区〜warmth〜

昨日、フェスティバールホールへ行ってきました!!
中之島音楽特区〜warmth〜へ参戦です。

出演者は・・・
・やなわらばー
・鶴
・kiroro
・馬場俊英

馬場さん曰く
“沖縄出身の女子と埼玉出身の男子が大阪で激突(笑)”のライブ♪

19時開演で、予定では15分くらい前には着ける感じだったんですが
何を思ったか、途中で反対方向の電車に乗ってしまいまして・・・あせあせ(飛び散る汗)
会場に着いたのは、開演2分前。
文字通り滑り込みセーフ。

では、いつものごとくレポを・・・。

■やなわらばー 
 セットリスト、分かりません・・・。
 お初の彼女たち。
 全部で5曲の演奏でした。
 声の出し方が、なんか他の人たちと違うんですよね。
 沖縄の民謡のような感じで。
 それが嫌いじゃないんだど、ちょっと私にはしんどかったかな?
 けど、【いちごいちえ】がすごくよかったです!名曲だっ!! 
 あと、三線の音色ってなんであんなに癒されるんでしょうか?
 すご〜くイイですよね。

■鶴
 01.夏の魔物(新曲)
 02.恋のゴング
 03.手紙
 04.熱量      
 05.tonightはパーティー

 出演者を見てお分かりかと思いますが・・・
 このまったりメンバーの中に異質な彼ら(笑)
 けど、やっぱり楽しかった〜♪
 もう、何度彼らのライブ見たかな?
 何度見ても楽しい!
 お決まりの鶴ポーズに「N!S!中之島〜」「N!V!フェスティバル〜」
 いや〜、まじ楽しい!

■kiroro  
 01.長い間
 02.best friend
 03.生きてこそ
 04.幸せの種
 05.帰る場所

 もうね〜、すんごいよかったの!!
 ホントに大感動!!でした。
 
 千春ちゃんの調子がよくなくて、思うように声が出てなくて。
 だから、セットリストも様子を見つつ
 ステージ上で2人で、“私、歌えるかな?”なんて言いながらの進行でした。
 多分、フルコーラス歌ってない曲もあるし
 準備してきたけど歌えなかった曲もあるんじゃないかなぁ?
 
 不安そうな顔の千春ちゃんを、綾乃ちゃんのスマイルが支え
 そんな綾乃ちゃんに寄り添うように歌う千春ちゃん。
 千春ちゃんの声が出なくなると代わりに歌う綾乃ちゃん。
 互いに目と目を合わせて微笑む2人。
 
 2人の絆にとても感動しました!
 馬場さんもあとのMCで“2人っていいよね〜。”って言ってたけど
 ホントにそう思いました。

 1曲目が【長い間】ですよ。
 そりゃあ、泣きますよ。
 前奏が流れた瞬間、トリハダがブワァ〜ってたって
 目に涙が浮かんでた。
 そんなに思い入れがある曲ってワケでもないけど気付いたら泣いてた。
 しかも、どの曲でもそう。
 2人の想いがすごくすごく伝わってきて・・・本当に感動したぁ!!

 なんかね、去年の『風に吹かれて』で、
 綾乃ちゃんが歌ったときのこととか思い出しちゃったなぁ〜。
 
 
 
■馬場俊英
 01.草野球
 02.働楽
 03.青春ラジオ
 04.花火
 05.スタートライン〜新しい風 (piano:金城綾乃ちゃん)
 06.オセロゲーム
 07.ボーイズ・オン・ザ・ラン

 約1ヶ月ぶりの馬場さん♪
 髪きった?夏らしく爽やかでございました。
 今日は、バンドメンバーで登場
 (key:渡辺剛,bass:金森佳朗,guitar:首藤高広・馬場一嘉,drums:田中栄二)

 【働楽】は以前よりもどんどんスキになってる気がします。
 そして久しぶりの【花火】。
 すごいかっこよかったんですよ〜グッド(上向き矢印)
 アレンジかな?なんだろうか??
 あっ、栄二くんがかっこよかったかも(笑)
 昨日も、バッチリ栄二くんを見れる席で彼のドラムを堪能してきました!

 で、その次の【スタートライン】まではよかったんですが
 ライブ告知から昔の馬場さんがあらわれたっ(笑)
 ライブ会場の名前が飛んじゃって、お客さんに教えてもらってるし(笑)
 多分、コレでいろんなことがぶっ飛んだんでしょうね。
 【オセロゲーム】と【ボーイズ〜】では歌詞が・・・。
 ふぅ。無事にピ〜ス手(チョキ)できてよかったよ・・・。
 ピースできるのかちょっと心配しちゃいました。
 最近のライブでは、こんなことなかったのにね。

 もうひとつ気になったのは、馬場さんの声が少しかすれてた気がすること。
 最近、ホントに忙しそうなので彼の体が心配やわ〜。

■アンコール
 馬場さんとバンドがまず出てきて
 馬場さんが他のアーティストを呼び込んで1曲。
 そこで選んだのがkiroroの【最後のキス】
 曲を紹介する前に、千春ちゃんが
 “張り切りすぎて本番前に声が出なくなっちゃって・・・
 けど、悔いのないように歌います!”
 って始まったこの歌。
 わたし、スキなのよ〜。
 みんなで、手を振りながら歌いました手(パー)

 ところで、この歌を歌ってる鶴!想像できますか?
 なんか不思議な光景でしたわ〜。
 男性陣は、コーラスとサビくらいしか歌ってなかったけど。
 まっ、コレは女の子の歌ですからねぇ。
 でね、でね、これまた栄二くんのドラムがかっこよかったんすよ。
 ラストやし気合い入りまくり!!
 すごくよかったです♪
 
 ライブの帰りに、イベントに『〜warmth〜』ってタイトルが
 ついてたのを思い出して・・・うん。と納得。
 ホントにほんわか温かいライブでした。


 あぁ〜、kiroroにやられたな〜わーい(嬉しい顔)
 なんか嬉しいなぁ〜。
 


 
 
posted by きゅう at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

野音でピース@日比谷野外大音楽堂〜歌編〜

まずはセットリスト
■君はレースの途中のランナー
■明日へのフリーウェイ
■陽炎
■ただ君を待つ
■風の羽衣
■軽井沢
■Heartbeats Groove
■八月のレイン
■今日も君が好き
■小さな頃のように
■スタートライン〜新しい風〜
■ロードショーのあのメロディ
■ティラノサウルスの恋
■働楽〜ドウラク
■オセロゲーム
■ボーイズ・オン・ザ・ラン
アンコール
■男たちへ 女たちへ
■君の中の少年

どうですか?このセットリスト。

どの曲もよかったのですが、個人的にお気に入りをいくつか。

【陽炎】
多分、何回も言ってますが私はこの歌が大好きです。
♪どうしてもこの手につかみたいものがまだあるよ
この歌詞がね、グッときたんですよ。
なんか力強かった。頼もしかった。
525もきっと、『どうしてもつかみたいもの』だったやろうし。
このライブを終えて、ひと区切りついたと思うけど
きっと彼の中には、また新たな夢があって
それがまた『どうしてもつかみたいもの』になるんやろうな。
なんて思った。

【風の羽衣】
この歌、野外で聴くと最高ですねexclamation×2
♪空を飛んでいた頃の〜って両手を大きく広げながら歌う馬場さんがステキぴかぴか(新しい)なんですよね〜。

この日のライブ中、私は何度も何度も空を見上げた。
なんでだろう?
空を飛んでるような気もしたし、
空から音楽が降ってくるような気もしたし
あまりに気持ちよくてふ〜っと空に吸い込まれそうな気もした。

官庁街で周りは静かな中、馬場さんの歌だけが響いて本当に気持ちよかった。


【スタートライン〜新しい風】
【ロードショーのあのメロディ】
この2曲はやばいですよ。
そりゃ泣きますよ。
特に【ロードショーのあのメロディ】はすごく感動した。
この歌の世界にグ〜っと引き込まれて、
気がついたら・・・涙。涙。
栄二くんのドラムもよかった。


ラスト3曲は、そりゃもう大盛り上がりですよ。
みんな、うぉ〜!うぉ〜!!って叫んでたし
そして・・・待ちに待った
大観衆にピ〜ス手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)
しあわせ〜ぴかぴか(新しい)


もうね、何から何まで幸せだった。
アンコールが終わって、
馬場さんとバンドメンバーがいつものように前に出てきて
手をつないで挨拶をするんやけど
その時に馬場さんは、ステージ袖にいるスタッフさんを呼んで
みんなでご挨拶。
普通はあまりないでしょ?
なんかその光景を見たときに、グッとこみ上げるものがあった。
やっぱり馬場さんだ。
これが馬場俊英だ。
って思った。
こういう人が描く歌だから心惹かれるんだ。
音楽の中に彼の人柄がちゃんとにじみ出てる。
だからこんなにも惹きつけられるんだって心底思ったよ。

馬場さん、バンドメンバー、スタッフの皆さん。
お疲れ様でした。
今、皆さんに伝えたいことはただひとつ。
ありがとう
これだけです。



■□■□■□■□■□■□
バンドメンバー
・キーボード:渡辺 剛
・ベース:金森 佳朗
・ギター:首藤 高広
・ギター:西海 孝
・ドラム:田中 栄二
・サックス:山本 公樹
・パーカッション:田邊 晋一

久々の西海さん。
彼のコーラスも好きだな〜。

いつもかっこいいドラムの栄二くん。
この日も、ついつい馬場さんの後ろにいる栄治くんが気になって・・・。
あのアツいドラムは何度見てもかっこいいわ揺れるハート
そのアツいパフォーマンスとご自身のHPでのまったり感の落差が
なんとも不思議です。
余計気になります。
結構好きです。
posted by きゅう at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野音でピース@日比谷野外大音楽堂〜MC編〜

2008年5月25日(日曜日)雨上がり

きっと午前中まで降ってたであろう雨はすっかり止んで
雲が少しづつ流れて、今にも青空が顔を出すんじゃないかって思う頃、
バンドメンバーの後にいつも通りさりげなく(笑)馬場さん登場!

ステージの両脇には429525の文字の入った垂れ幕。
それを見るだけで、泣きそうになりました。

429から1年と少し。
429では涙もあった馬場さんだけど
525ではずっと笑顔。
その笑顔を見て、とても幸せな気持ちになった。
なんだかいつもより大きく見えた。

この日、NHKのカメラが11台!も入ってて
“クレーンもあるし、人も走り回るから席によっては
邪魔かもしれないけど、今日ココに来れなかった友達だと
思って仲良くしてあげて下さい。”
みたいなことを最初のほうに話されたんですが
これがもう、馬場さんだな〜って思って。
この言葉に人柄が表れてますよね。

ちなみに・・・7月5日放送予定だそうですよ♪

他にも、感動的なシーンをいくつか・・・。

会場に、馬場さんの小中学校の時の先生が来られてて
馬場さんがひとこと。
“先生、僕ミュージシャンになったんですよ。”
って。先生もそんなこと分かってるから来てるんだけど
なんかね、その言い方がね。
素朴でピュアですごくよかったの。
それで、やっぱり馬場さんだなぁ〜って思ったわけですよ。

もうひとつは、
“みんながひとつになれる瞬間を生で見れる!
 地球に生まれてよかったぁ〜!”
と叫んだ馬場さん。
地球に、日本に、この時代に、今に
馬場さんと同じ時を過ごせるこの瞬間に
私が生きている。
そのことにすごくすごく感謝した言葉でした。


馬場さんの言葉って本当にさりげなくて
話し方も全然大げさじゃないし
なんかそれが彼の人となりを充分に表現してるような気がします。
そういう彼の言葉だからみんなの心の中に
じんわりゆっくり沁みていくのかな?と思いました。


他にも感動シーンはいくつもあったのですが
つづきは歌編で・・・。




posted by きゅう at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

レミオロメン Wonderful&Beautiful @京都

4月6日(Sun) 
 レミオロメンTOUR2008
  Wonderful&Beautiful at京都会館


へ行ってきました。

この日はすごくお天気もよくて
京都会館周辺はサクラが満開かわいい
たくさんのお花見&観光客であふれかえってました。
(近くのコンビニの棚はほとんど商品がなかった・・・。
 あんなことってあるんだ・・。)


で、肝心のライブですが
2月の終わりに大阪で見たライブなんだけど
少しセットリストに変更があり、
春仕様になってた。

【春景色】が聴けちゃった♪

【電話】では、前奏のトコのおさのドラムがずんずん響いてきて
なんか心地よかったし。
やっぱり名曲【ビールとプリン】は素晴らしい。
“太っても私のせいじゃないわと〜”のトコのアレンジが大好き揺れるハート

【追いかけっこ】では、藤巻くんの少し後ろから下から上にむけての
スポットライトが当たってて
歌う藤巻くんのおっきな影が京都会館の壁に映ってるのが
なんかすごく印象的だったな〜。
なんだか影に見入ってしまったよ。

今回は、MCも今までよりイイ感じだったんではないかとひらめき
前田さんの祇園でお金使わされた話とか
前田さんと皆川さんがお抹茶をたてに行った話とか
なんと言っても
『俳句』と『短歌』で盛り上がったんじゃないかな。

おさも言ってったけど
京都特有なのか、ゆったりとした時間の流れの中でのライブで
じっくりレミオロメンの音楽を堪能できたって感じがします。
その中でやっぱり
藤巻くんの書く詞の世界と彼の声を好きだな〜と思いました。


 間違えもある  
 不完全でも 
 そこがいいって君が笑ってくれたら

 救われるかな 
 どんな背伸びも 
 自分を超えられなくて 
 光を探したのさ



次に彼らに会えるのはいつかな・・・?
posted by きゅう at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

馬場俊英LIVE TOUR2008〜サクラサク〜

さてさてこの間の日曜日。
2日ですね。
馬場さんのライブ@フェスティバルホールへ行ってきましたよ。

このフェスティバルホール、年内で一旦取り壊して
新しく作られるようです。
私、このホール好きなんだけどな・・・。
なくなるのは寂しいな。

注)以下、ネタバレありますのでご注意くださいませ。








フェスティバルホールの2DAYSも
もはや当たり前のように満員になる馬場さんのライブ。

この日は久々のイイ席で・・・。
馬場さんはじめ、バンドの皆さんのお顔もしっかり見えました〜♪
馬場さん、ちょっと日焼けした?って感じで
なんだか精悍で男っぽくて大人っぽくてかっこよかったです。

01 ブルーバード〜僕は夢の影のように
02 陽炎
03 青春ラジオ


1曲目はなんだか意外。でしたね〜。
【青春ラジオ】が今日はキュンときました。
<今日もここにいるよ>という言葉が胸に響きました。

04 風の羽衣
05 涙がこぼれそう


【涙がこぼれそう】は久しぶり。
裸電球1つだけの明かりの中で歌う馬場さん。
めちゃめちゃかっこよくて、セクシーで・・・。
歌の雰囲気ともピッタリ!!
馬場さん歌の中でもちょっと異色の歌ですけど
私、結構スキなんでやってくれて嬉しかった♪

06 ダウン・ザ・リバー
07 男たちへ 女たちへ


年をとってきてだんだん大人たちが愛おしくなってくる。
“親愛なる大人たちへ”と歌ってくれた【男たちへ 女たちへ】
やっぱりこの歌は素晴らしい。
涙がでるよ。

08 時間
09 遠くで近くで


何かを決めるとき、たいていの人には
<時間的>なリミットがあって、
その時期がくれば、どんな形であれ結論をだしてるんだと思う。
いつまでだってどれだけだって悩んでいいと言われたら・・・。
決めることができるのかな?みたいな話があって

そうだな〜。確かに、それはムリかも。
時間のおかげで決断ができてるのかもしれないなぁ。
ということに気づかされました。
いつも彼の言葉でフッと何かを投げかけてくれる。
何かに気づかされる。

【遠くで近くで】は友達がライブに来てくれた時
“遠くで近くで応援してるよ”と言ってくれたそうです。
そこからできた曲なんですって。
とても素敵な言葉ですよね〜。

10 小さな頃のように
11 スタートライン〜新しい風


【スタートライン】の栄二くんがかっこよすぎて
歌う馬場さん越しに栄二くんを見てクラクラしてました(笑)
ちょっとヤバイですね・・・。

12 明日へのフリーウェイ
13 ボーイズ・オン・ザ・ラン
14 働楽〜ドウラク
15 君の中の少年


見てお分かりの通り、定番アゲアゲソングです。
【働楽】楽しかったなぁ〜。
だんだんこの歌が染みてくる・・・。聴けば聴くほどに。

16 サクラサク

このツアーの為に書いた新曲です。
ブルーの世界とピンクの世界。
春を感じました。もう、春ですね。
せっかく馬場さんがブログに歌詞をUPしてくれたのに
ちゃんと見てなかったのが反省点です。

アンコール

01 アイビー
02 ロードショーのあのメロディ


久々の【アイビー】の後は
大好きな【ロードショーのあのメロディ】
これもステージの演出がすごくステキで、
馬場さんと5人のバンドメンバーにスポットが当たって
かっこよかったのよぉ〜。

03 主人公

この歌はヤバイです。
ホントに・・・。
涙ボロボロですよ・・・。


というわけでサラッとおさらい。
いつもの雰囲気のMCと素晴らしい歌とステキな仲間とお客さん。
楽しいライブをありがとう。
posted by きゅう at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

レミオロメン Wonderful&beautiful@大阪

昨日は、レミオロメンのライブでした♪

個人的にスキな会場であるフェスティバルホール。
いろんな思い出があるのでねぇ。
そこで、久しぶりに彼らに会えたのがまず嬉しかった。


今回のライブで特筆すべきことは
やっぱりセットリスト。
こんなセットリストのライブが聴けるとは夢にも思わなかった。

私が彼らを好きになったのは【ether】からなんです。
でも、1番スキなアルバムは【朝顔】
【朝顔】のリリース時には、私は彼らに出会ってなかった。
だから・・・【朝顔】の曲をライブで聴くことはあんまりなかった。
でもね、昨日はいっぱいやってくれた。
大好きな『昭和』も『まめ電球』も『追いかけっこ』も。
『昭和』はホントにサイコーだったな。
この曲が聴けるなんてね・・。ホントに・・・。


藤巻くんが、

“ホントは、アルバムをひっさげてこのツアーをやりたかった。
でも、できなかった。
でもね、だからこそ こういうセットリストで
昔の曲もいっぱいやれて・・・・スペシャルなツアーになった。”


って言ってたの。

確かに新しいアルバムも聴きたいけど、
私は、彼らの中心にあるのは【朝顔】みたいなアルバムだと思うから
こういう曲も大事にして、時々聴かせて欲しいなって思ったよ。


幸せなことに4月にもう一度このツアーに参戦できます!!
1ヵ月後、このツアーがどのように変化してるのかも楽しみ♪
posted by きゅう at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

ケツメイシ KTM TOUR2008

昨日、行ってきました。
ケツメイシのライブ♪
題して
ドキッ!!オヤジだらけの歌合戦 目指せ金メダル2008 ポロリもあるよ!?
長〜いタイトルです。

今回は大阪城ホール、アリーナ立ち見!!
城ホールで立ち見!ってどんなのよ?
と不安も混じりつつ・・・立ち見なので少し早めの開場1時間前に到着。
腹ごしらえをしてると、雪が・・・。
寒くて雪と風をよけられるとこを探すも撃沈バッド(下向き矢印)
寒さに震えながら待つこと約1時間30分。
やっと会場入り!

ブロックの端っこの柵近くでスタンバイ!

そして・・・あっという間にライブスタート!!

【ケツノポリス5】をリリース後のツアーと言う事だけあって
アルバムからの選曲が多いものの、
結構、古い曲もやってくれてビギナーの私には入りやすかった。


個人的にテンションがダーッと上がったのは『三十路ボンバイエ』
この曲は2曲目だったので早い段階で私のテンションは振り切ってしまったわけです。

そしてうまいな〜って思ったのが
『冬物語』→『さくら』→『また君に会える』
の並び。ちゃんと冬→春→夏の順になってる。すげ〜!って思わず言ったよ・・・。


で、【ケツノポリス5】で1番スキな曲、『ライフイズビューティフル』
(この歌はホントにいいから・・・。絶対聴くべしっ!!)
の後には『トモダチ』
ヤバイよね〜。
前奏聴いただけでトリハダがブワァ〜って立ったよ。
この歌も素晴らしい!涙でそうになりました。

他にも・・・『涙』 『手紙〜未来』 『出会いのかけら』 『1日』
とケツメイシってこんなにイイ歌がたくさんあるんだね〜。
特に昔のシングルとかはどの曲も知ってたけど・・・
当時聴いてたよりも今聴くほうが胸にグッとくる気がする。


MCと幕間?のコントみたいのは私的にはイマイチだったけど
ダンスと曲,ビジョンを使った映像と曲の演出はすごく良かったですぴかぴか(新しい)
感動するくらい。

あと、MCでひとつ印象に残ってるのは・・・
<音楽の力>の話。
彼らが音楽をやりだしてからずっと変わらず信じてること。
それが・・・<音楽の力>だそうです。
音楽は一緒に楽しんだり、支えてくれたり、背中を押してくれたり・・・。
私も<音楽の力>に助けられて生きてるのですごく共感できた。
私も<音楽の力>を信じてる。


というわけで初ケツメイシライブ。
すごく楽しかったです。
体中筋肉痛ですが、しかもアザまでできてますが・・・。
楽しかったのでそんなことはどうでもいいです。


ちなみに・・・男性とギャルっぽい女の子のファンが多いのが
ケツメイシのファンの特徴みたいです。
お客さんの年齢層は20代〜30代が多い感じでした。
こんなに男性ファンが多いライブもあまり経験ないな〜、私。


posted by きゅう at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

RIPSLYME TOUR07-08 FUNFAIR

12月26日、大阪城ホールへRIPSLYMEのライブに行ってきました!
今年のライブ納めです。

夏のSETSTOCK以来の彼ら。
ワンマンは去年の春以来。
でも、その時はFUMIYAがお休み中だったので
5人揃ったワンマンはスッゴイ久しぶり。
しかも、今回はアリーナ1桁台の席。

楽しくないわけがない。
盛り上がらないわけがない。

ってことで、
手あげて、CLAPして、声出して、踊って。
ホンマに大盛り上がりです。


ナマで初めて聴いた『ミニッツ・メイド』
あのダンスが可愛くて可愛くて。
ずっと見たかったんです。

そして、アルバム【FUNFAIR】の中で1番すきな『tales』
すごいよかったよ〜。
やっぱりこの歌スキだわ〜。
ライブではバンドと一緒に。
バンドとRIPってのもナマではみたことなかったので
かなり新鮮。

『残念ボーイ』のPESとILMARIもすごいイイ感じ。
最後、2人で向かい合ってお辞儀してる姿も可愛かったし。

アルバムをひっさげたツアーだけど
昔の曲もいっぱいやってくれて盛りだくさん!

いつもはRYOJIがMCでしゃべってるんだけど
今回はPESも結構しゃべってたかな?
SUさんは相変わらずの下ネタで・・・。

FUMIYAは・・・やっぱりあの位置にいてくれると落ち着くね。
赤いカーディガンがよく似合ってたわ揺れるハート

ライティングもスゴイかっこよかった。

また行きたいな。
ありがとう。RIPちゃん。

posted by きゅう at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

馬場俊英LIVE2007〜青春映画が好きだった〜

昨日、行ってきた馬場さんのライブ。

初めての京都会館ということで馬場さんも本当に嬉しそうでした。
というのも、
デビュー当時、京都のラジオ局でレギュラー番組をもってた馬場さん。
当時から<いつか京都会館でライブを・・・>って思ってたそうです。
<だから今回、京都会館でライブが決まった時はうれしくて・・・。>
<京都会館でライブができる日が来るなんて・・・ありがとう>
って何回も何回も話してくれました。


なんとなくですが・・・
大阪でのライブとはまた少し違う感じがしました。
ライブの雰囲気がね・・・。


印象的だった曲をすこし。

・言いたいことはI Love You
  アレンジがすごくステキで、
  西海さんのバンジョー(??たしかそんな楽器)が素晴らしかったです。

・しあわせになるために  
  この曲もすごくよかったです。
  【鴨川】と2曲続けて歌われたんですが
  この2曲が連続でくると涙腺がヤバイです。

・車は愚かな哲学者たちを乗せて月明かりの中をゆく
  馬場さんと首藤さんと西海さんのギター、
  めちゃめちゃかっこよかったです。

・主人公
  本編ラストの曲。
  いや〜、やられましたね。
  歌の前に話されてたこともそうですし、
  歌もCDで聴くよりも何倍も何倍もすばらしくて、
  泣けました・・・。
  馬場さんもかな?
  それを見てさらに泣けました。



帰り道、外は寒いはずなのに
体も心もポカポカで三日月を見上げては
馬場SONGを口ずさみながら歩いてました。


ベッドに入ってからも、興奮のためか
なかなか寝付けませんでした・・・あせあせ(飛び散る汗)



馬場さん、昨日もステキな時間をありがとう。
最後の1秒まで最高に楽しかったよ。


  
posted by きゅう at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブノコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。